仕事の仕方、効率化

【職場管理者必読!】新入社員にイライラする二つの原因と解決策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
イライラ

今年も早いもので、もう4月になりました。あなたの職場には新入社員が入ってきましたか。会社によって毎年新入社員が入ってきたり、数年おきに採用されたり、色々ではないかと思います。

そして、新入社員がやってきて毎回思うことは、「見ていてもどかしい」、「何だかイライラする」でなはいでしょうか。実際僕も、新入社員が仕事ができないことを抜きにしても、もどかしく思うことが何度もありました。

今回はその「もどかしい」とか「イライラする」の原因に迫っていきます。

1.新入社員に、見たくない昔の自分を見てしまう

相手は新入社員なので、仕事ができなくて当たり前です。それを差し引いても「もどかしさ」や「イライラさせられる」何かが彼らにはあります。その「もどかしさ」や「イライラ」の原因がはっきりしてきたのは、中間管理職になったのがきっかけでした。

直接新入社員に仕事を教える立場ではなくなって冷静に外から見てみると、そこには昔の僕がいました。

1-1.会社のことも仕事のことも分からなかった自分がいる

あなたが今の仕事を始めてから、どのくらい経ちましたか。きっと今では会社でいろんな経験を積んで、多くの仕事を任されていると思います。けれど、入社当時はどうだったでしょう。アルバイトの経験はあったかもしれませんが、今のように会社と言う組織の中で予算や効率を意識していたでしょうか。

新入社員は、そんな会社の状況や仕事の内容、僕やあなたが今普通にやっているであろう事がまだ分かっていない、入社当時の僕やあなたと同じ状態なのです。

1-2.忘れていた昔の自分を思い出す

昔の自分を思い出すとき、照れ臭く思ったり恥ずかしく思うことはありませんか。僕は新入社員の頃を思い出すと、「何であんなおかしな事をしたんだろう」とか、「仕事も分かっていないのに、生意気なことを言っていたな」とか、「毎日先輩に叱られていたな」とか、今考えると何とも言えない気分になります。

思い出しただけで「何とも言いようのない気分」になるのに、新入社員がやってくると、「何とも言いようのない気分」そのものが実体となって、毎日目の前に現れるのです。

これでは、もどかしく感じたりイライラすることがあって当然です。

1-3.昔の自分のほうが、新入社員よりマシだと思ってしまう

僕も含めて人と言うのは、自分と自分より下位の人を比較するとき「あの時の自分のほうがマシ」と思いがちです。自分ではそう思っていても、周りから見たらどっちもどっちと言うことが多いものです。

けれど、「自分のほうがマシ」と思ってしまうと、新入社員のやることすべてが「もどかしく」思えてしまいます。それはそうです。当時の自分はできていたはずのことを、新入社員の彼はできないのですから。

2.新入社員と過去の自分ではなく、今の自分と比べてしまう

新入社員を見るとき、昔の自分や以前の新入社員と比べていませんか。その時出てくる「昔の自分」は本当に昔の自分でしょうか。つい、普通に仕事ができる「今の自分」が混ざっていないでしょうか。

2-1.「これ位できて当然」と思ってしまう

「今の自分」が混ざった「昔の自分」と新入社員を比較すると、当然「これ位できないの」とか、「こんなことも分からないの」と思ってしまいます。

でも冷静に考えてみてください。ほんの数日、数週間、数か月前に彼らは会社にやってきました。分からないことが山のようにあって当然です。人によって仕事を覚えるスピードは違いますが、経験を積めばあなたと同じになります。

「本当」の昔の自分と「今」の新入社員、本当はあまり差がないのかも知れません。

2-2.常識がないと思ってしまう

あなたが思っている常識は、会社生活も含めた人生のなかで形作られたものです。特に社会に出てから常識になったものは、それ以前に比べて多いと思います。ところが新入社員の常識は、あなたと比べて非常に短い時間と狭い世界の常識です。人生経験も社会人経験も、あなたに比べて短いのですから、しょうがありません。

今はまだ常識がないのは仕方ないので、早く常識を身につけてもらうようサポートするしかありません。

2-3.フットワークが重いと感じてしまう

学生時代はみんなが同じ勉強を、先生に指示されながら、同じようにしていたと思います。けれど、会社の仕事はそうはいきません。仕事の指示は上司から出されますが、それをどう進めるかは、自分たちで考えなければなりません。

入社したばかりの頃は学生時代の習慣が残っていて、全て指示されるものだと思っています。僕もそういう傾向が強くて、よく先輩に「腰が重い」と言われていました。

また、学生時代は一つのことに集中することができる環境ですが、仕事は多くのことが同時進行しています。それらにも気をつける習慣が身についていないと、フットワークの重さにつながってしまいます。

3.新入社員と過去の自分×0.8を比べてみると楽になる

毎日新入社員を見て「イライラ」するのは、ストレスになりませんか。新入社員が明日にでも、仕事を完璧にできる様になれば一番ですが、そんな訳にも行きません。

そこで余計なストレスを溜めないために、自分にできることを考えてみました。

3-1.自分のことは、よく思うので「×0.8」で丁度いい

どうしても自己評価は高くなりがちです。なので、新入社員は自分が思っている「昔の自分」の8割程度なのが普通だと思うようにします。

それよりデキる新入社員なら、それでよし。もし下回るようならこまめに指導して、早く昔の自分の8割まで到達してもらいます。

3-2.過去の自分は、今の新入社員と一緒

新入社員を見た時に「なんであんなことしているんだろう」と思ってもどかしく感じると思いますが、それは昔の自分を見ているからです。新入社員に自分を重ね合わせるのではなくて、「自分が育てて早く一人前にしてやろう」と言うように、未来に目を向けてみてはどうでしょうか。

4.まとめ

どうでしたか。あなたに当てはまることはありましたか。

新入社員は、あなたの後を継ぐ存在です。その彼らを見てもどかしく思ったりイライラしてストレスを溜めるより、楽な気持ちで新入社員を育ててみてはどうでしょうか。

もちろん、たまには昔の自分を思い出してみるのも良いかもしれません。

 

よろしければ、こちらもどうでしょう

【40代必見!】セカンドライフに向けて考えるべき、三つの前提条件と五つの選択肢

取り上げてほしいテーマがありましたら、こちらからどうぞ。

 

⇩シェアしてもらえると、励みになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ランキングに参加しています。
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

*