人材育成

ベテランの退職後はどうする?二つの大きな問題点と解決策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ベテラン作業員

僕の職場にはもうすぐ定年退職するベテランオペレータがいます。この人は、ベテランでありながら現場作業もデスクワークも率先してやってくれる、非常に頼りになる先輩です。けれど、職場自体は過半数が20代でその他は定年後再雇用の方がいるだけです。この状況で、ベテランが一人抜けるのは、大きな戦力ダウンです。

あなたの職場には僕のところのように、定年退職間近のベテランさんはいますか?もし僕と同じような状況であれば、この先どうするか一緒に考えていきましょう。

1.職場の人員構成

ベテランが抜けて戦力ダウンするのは止むを得ないのですが、職場の人員構成によってその影響が大きかったり小さかったりします。僕のところは影響の大きい人員構成となっています。

1-1.年代のバランスが取れているのか?

僕のところは、再雇用の60代2名、今回退職予定の50代1名、40代1名(もうすぐ50代の僕)、30代ゼロ、20代4名と、非常にバランスが悪くなっています。特に中堅と呼ばれる30代から40代前半が全くいないという、近い将来が不安になる年齢構成です。

あなたのところは、どんな感じでしょう?

1-2.コアとなるメンバーはいるのか?

こんなバランスの悪い僕の職場でも、コアとなるメンバーはいます。20代後半ですが現場も事務処理でも、一通り何でもできて頼りになります。彼が休みだと、職場のパフォーマンスが一気に落ちてしまいます。

さらにベテランが一人いなくなるので、この先が非常に不安です。

1-3.若手の技術力は?

若手はまじめですが、なんと言っても経験が短いので、まだまだこれからの発展途上です。それなりに育ってきていますが、一番肝心のトラブル対応はまだまだと言う感じです。

2.ベテランとコアが不在だとどうなるのか?

全体に若い職場では、ベテランとコアになるメンバーがいなくなると、一気にパワーダウンします。具体的には、こんな感じです。

2-1.仕事がうまく回らない

仕事は自分の担当しているものだけでなく、他の部署や上からの指示でどんどん増えていきます。それを中間管理職の僕がメンバーに振り分けますが、若手だけでは任せられる仕事はどうしても限られます。

結果、仕事はどんどん溜まっていきます。

2-2.トラブルに対処しきれない

技術職場でトラブルはつきものです。突然警報が鳴って、訳の分からない状況になったりもします。その時冷静に対処できるかどうかは、経験に依存する部分が大きいです。必然的に、経験の少ない若手ばかりでは、どうしても指示待ちになって素早い対応ができなくなります。

ちょっとカッコよく言うと、「どれだけ多くの修羅場をくぐり抜けてきたか」がカギになります。

3.ベテラン・コアメンバー不在に向けた準備

ベテランの退職やコアメンバー不在に向けた準備は、どうしたらできるでしょうか?その方法を考えてみました。

3-1.若手とベテランはワンセット

これは余裕のある時に限定されますが、極力若手とベテランがセットになって仕事をしてもらいます。特に現場に出ての作業は、その人独自のノウハウがあります。作業の手順書はあっても、文字にしきれないノウハウがどうしてもあります。それは経験するしかないので、ベテラン主導で若手にさせてみるのが一番効果があります。

3-2.ベテランの知識をオープンにする仕組みづくり

ベテランの人を見ていると、みんな自分用に「虎の巻」を持っています。ポケットに入っていたりロッカーに入っていて、いざと言うときに取り出して的確な指示を出してくれます。僕よりも若い世代では知らないような細かいことまで書かれているようですが、中身を見せてもらったことはありません。

3-2-1.それが特別なノウハウだと思っていない

ベテランさんたちは、自分の持っているノウハウが特別だと思っていないように感じます。こちらが知らなければ「知らなかったの」という感じです。ベテランさん本人にとっては当たり前のようですが、経験の数が違います。すべて経験の差で片付く訳ではありませんが、経験は大きな力なのも事実です。

自分が経験したことは本人にとって当たり前のことですが、経験したことのない人にとっては、新しい知識になります。

3-2-2.ベテランの知識をオープンにするには

ベテランさんの持っている知識なり技術は、本人が特別と思っていないのでなかなか表に出てきません。それを表に出すにはそれなりの仕組みを作らなければなりません。

ベテランさん自身は、新しく資料を作るのは避けたい傾向があるので、周りがサポートしていかなければなりません。

3-2-3.ベテランの話を聞いた人がノウハウを記録していく

ベテランさんは今更と思うのか、自分で新しい資料を作ることはあまりありません。なので、ベテランさんと組んだ若手が聞いた話を若手が記録として残していくのが効果的です。若手にとっては新しい知識を忘れないため、ベテランさんにとっては若手の教育、職場全体にとっては知識の蓄積と共有という、一石二鳥どころではなく一石三鳥になります。

5.まとめ

職場のベテランがいなくなるのは、職場全体のパワーダウンになりますが、避けられない問題です。そのパワーダウンを最小限にするには、日頃からベテランの経験やノウハウを形にしていく必要があります。

個人が聞いて終わりではなく、聞いた話は小さなことでも残していくことで、将来に備えることができます。そんなシステムとして、ベテランと若手を一緒に仕事をさせて、若手に記録をさせるのが、一番だと思います。

将来に備えて、一緒に工夫していきましょう。

 

よろしければ、こちらもどうぞ。

【新入社員指導員必見!】教育効果を上げるために気をつけるべき四つのポイント

取り上げてほしいテーマがありましたら、こちらからどうぞ。

 

⇩シェアしてもらえると、励みになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ランキングに参加しています。
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

*