将来

友達付き合いのないアラフィフの将来は大丈夫か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
なかよし

あなたは最近、友達に会いましたか?僕はもう10年近く友達に会っていません。学生時代の友達も、社会人になってからできた友達も、だんだん疎遠になってきました。今でこそ「おひとりさま」と言う言葉が一般的になって、一人でいてもおかしくない世の中になってきましたが、友達との付き合いがないと言うとおかしな顔をされることがあります。

そんな友達との付き合いが極端に少ない僕が、どうして友達との付き合いがなくなったのか、このままで良いのかどうかを考えてみました。

友達付き合いの多いあなたも少ないあなたも、一緒に考えてみてください。

1.なぜ友達付き合いがなくなったのか?

僕も全く友達がいないわけではありませんが、極端に友達付き合いが少ない自覚はあります。もともと高校時代の友達とは卒業後も頻繁に会っていましたが、それも年々減っていき、今に至っています。

社会人になってからできた友人も何人かいましたが、やはり時間の経過とともに会う機会が減ってきました。

どうしてそうなったのでしょう?

1-1.年齢とともに忙しくなった

若い頃はそれほど仕事も忙しくなくて休みも比較的取りやすく、友達と会いやすい環境だったと思います。会社に入ってからすぐに三交代勤務だったので、他の友達と休みが合わないことも多かったのですが、休暇を取ってでも会っていました。

それが年齢が進むにつれて忙しくなり、仕事の量も責任も増えて休みづらくなってきました。今では中間管理職なので、さらに休みが取りづらくなってしまいました。

1-2.近くに友達がいない

僕は転勤族なので、数年に一度の割合で引っ越しをしています。北海道に住んでいて道外に出ることはありませんが、道央圏から道南まで割と広いエリアを動いています。そのため、高校時代の友達にしても社会人になってからの友達にしても、遠くの人ばかりです。

距離が遠いから友達でなくなる訳ではないのですが、どうしても直接会う機会も連絡を取ることも少なくなってしまいます。これは僕の性格かも知れませんが、転勤など環境が変わると人間関係をリセットしてしまう傾向があるからだと思います。

1-3.人付き合いは会社だけで十分

会社では、嫌でも人付き合いをしなければなりません。会社と言う組織の特性から、自分の嫌なことを言われることもあれば、自分が相手に嫌なことを言う場面もあります。どちらもストレスになって、仕事が終われば疲れ切っています。そんな状態で、仲の良い友達と言っても、神経を使いたくないというのが本音です。

1-4.そもそも人付き合いが苦手

僕はもともと人見知りで、仕事でも初対面の人と話すのは苦手です。どうにも人と適度な距離感を掴むのが苦手だったり、どんなことを話したらよいのか分からなかったり、対人恐怖症とまではいかないまでも、自分でコミュ障を疑うこともあります。そんな感じなので、友達自体も非常に少ないです。

ひとり

2.友達付き合いがあることのメリット

さて、そんな友達の少ない僕が考える、友達付き合いがあることのメリットは次のような感じです。

2-1.情報や人が集まる

友達は似たような価値観の人も違う価値観の人もいます。コミュニケーションを適度に取っていれば、自分の欲しい情報が入りやすくなりそうです。また、自分の興味がなかったことも話題に上って、視野が広くなると思います。それらを繰り返していると友達の友達と知り合う機会が増えて、雪だるま式に情報や人が集まってくるのだと思います。

2-2.気分転換になる

会社で嫌なことがあっても、友達に愚痴を言って憂さ晴らしすることができます。夫婦喧嘩をした時でも同じです。反対に楽しいことがあったとき誰かに話したいと思うことはないですか?そんな時でも、友達がいれば話を聞いてもらえます。

楽しいときでも嫌なことがあっても、誰かに話すことで気分転換する事ができます。

2-3.寂しくない

特別なことがなくても、なんだか寂しいというか人恋しいと思うことはないですか?そんな時に話し相手になってくれる人がいれば、寂しくはありません。

3.友達付き合いのないメリット

友達の少ない僕が考えただけでも、友達付き合いがあることでのメリットがいろいろあります。でも、反対に友達付き合いがないことでのメリットもあります。

3-1.自分のペースで生活できる

何をするにも自分のペースを崩すことなく動くことができます。ひとりでのんびりしている時に連絡が来て呼び出されることもないですし、忙しいときに連絡が来て断るというストレスもありません。

人に合わせることが煩わしいと思うタイプには、友達付き合いがないことは気楽なことです。

3-2.自由になる時間が多い

人にかける時間がないので、必然的に自分の自由になる時間が増えます。仕事でも趣味でも、自分で好きなように時間を使えます。普段忙しければ忙しい程、自分の時間が欲しいと思いませんか?そんな時、自分以外の誰かに時間を使うことが煩わしいと思えることがあります。

4.友達付き合いは必要なのか?

ここまで見てみると、友達付き合いがある方がメリットが多いように思います。でも、友達も含めた人付き合いは、メリットデメリットで決めるものではないと思います。

価値観は人それぞれで、頻繁に連絡を取り合うだけが友達付き合いではないと思います。

僕は今のところ友達付き合いが頻繁でなくても問題なく生活しています。たまに友達がどうしているか気になることもあります。だからと言って連絡を取るかと言うと、別段連絡を取ることはありません。

向こうがどう思っているかは分かりませんが、僕はいつも連絡を取り合っているだけが友達付き合いだとは思いません。人生のタイミングで、たまたまよく連絡を取る時期があったり、疎遠になっているだけだと思います。

5.まとめ「友達付き合いは、自然にできるもの」

僕の考えは、「友達付き合いは自然にできるもの」だと思います。

頻繁に連絡を取り合う時期もあれば、全く連絡を取らない時期があっても良いと思います。お互いに別々の生活をしているのだから、その時々で付き合える時もあればそうで無いときもあります。どこかでお互いのペースが合った時に、昔と同じように接することができればよいのだと思います。

僕はまだその時期に来ていないので疎遠なままですが、これから昔の友達と連絡を取り合うことがあると思います。新しい友達ができる可能性もあります。ただそんな時は、昔より人付き合いの苦手が緩和されていればと思います。

 

もうひとつ読んでみませんか?

取り上げてほしいテーマがありましたら、こちらからどうぞ。

 

⇩シェアしてもらえると、励みになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

⇩レザークラフト関連は、こちらで詳しくお伝えします。⇩

Leather Craft あき庵

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

*